中古ドメインの被リンク効果

上位表示させたいサイトを作り、いざインデックスした場合、

あなたなら何本ほど、どのくらいの期間をかけてリンクを貼りますか?

 

 

一昔前であれば、新規ドメインはエイジングフィルターがはずれるまでは

過度な被リンクは送らないほうが良い。

 

 

ジャンルが違おうが言語の違う海外サイトだろうが、

中古ドメインからのリンクが効果があるとされ、

中古ドメインが高価な値段で販売されており、需要もありました。

 

 

では今はどうなのかというと、まったくとまでは言いませんが、

「ページランクが高かっただけのドメイン」を被リンク目的のためだけに

再利用しても意味がありません。

 

 

今はドメインの歴史までも見られますから、その中古ドメインが

どんな内容で、どんなサイトから被リンクをもらっていたかまで調査されます。

 

 

例えば、あなたが美容関連の商品を売りたいアフィリエイトサイトを

運営していた場合、上位表示させたいと考え、海外でコンピューター関連の

運営をしていた会社のリリースドメインを購入して中古ドメインの効果を

得ようとしても効果が薄いのです。

 

 

「以前は効果があった」は常に進化しているということですね。

 

SNSからの被リンクはサイト訪問者が増加する

「被リンク数は多い方が良い」という時代は終わっているということは、

SEOを勉強している人ならほとんど知っています。

今は、検索順位が上位のサイトや被リンクが多い人気サイトなどからのリンクしか、

効果が無いと言われています。

しかし、このようなサイトからリンクしてもらうのは簡単ではありません。

 

 

 

 

今は、Twitterやfacebookといった、

多くの人が利用しているSNSからの被リンクが非常に重要になっています。

これは、Google検索での上位表示を狙ったものではなく、

SNSからの被リンクをたどって直接訪問してくる人がたくさんいるからです。

 

 

 

 

Twitter上でURLをつぶやく時というのは、

見ている人にとって有益な情報があったからです。

そして、その人のTwitterをフォローしているのは、友人であり、趣味が同じ人です。

つぶやきの中にURLを見つければ、

フォローしている人たちも訪問してくれるはずです。

 

 

 

 

このように、SNSからの被リンクというのは、

もの凄く現実的にサイトの訪問者を増やしてくれるのです。

今の時代、小手先だけで検索結果の上位を狙うのは非常に難しいです。

SEO対策に時間を使う位なら、内部コンテンツを充実させ、

SNSから被リンクもらえるサイトにするほうが良いと思います。

有料で被リンクを増やす方法を考える。

今回は有料で被リンクを増やす方法について考えてみたいと思います。

被リンクを増やすには大きく分けて「無料で増やす方法」と「有料で増やす方法」の2つがあります。例えば、無料で増やす方法であれば相互リンクや自然に被リンクを増やしていく方法が考えられます。これらの無料の方法は当然お金がかからないのがメリットですが、時間と手間がかかるのがデメリットになります。

 

 

もし、時間と手間がかかってもいいのであれば無料で増やす方法で問題ありません。しかし、短期間で時間と手間をかけずに被リンクを増やしたい場合は有料でSEO対策の業者に依頼することになります。

 

 

もし有料で業者に依頼をするとしたら、何をしなければならないかというと、質の良い被リンクかどうかを判断することです。最近のSEO対策ではどのようなものが良いかというと、異なるIPアドレスを持ったサイトが多ければ多いほど「良い」ということになります。

以上参考になりましたら幸いです。

私のサイト運営

私はサイト運営を10年しております。

サイトを運営するからには人気サイトを目指して日々精進してまいりました。

頑張って宣伝した甲斐もありページランク3までになりました。

しかしページランクが高いからといって、ページランク分のアクセスが集まるかというとそうではないようです

もちろんキーワードの選定もあるでしょうが

 

グーグルはページランクを重要視していないと公式に発表がありました、

なんのためにページランクがあるのかと私は思います。

 

ページランクを上げるには、高いページランクのサイトからの被リンクが必要

 

被リンクに関してですが、SEO対策に効くという記事をよく見かけます。

被リンクを浴びるためのSEO対策というのは表裏一体となっています。

 

多くのドメインから被リンクを浴びるには既に人気サイトであるということです。

たとえば2chなどはまとめブログから多くのドメインから毎日紹介されるとおもいますが

人気サイトであるがゆえの人気サイトという感じです。

 

私の運営するサイトも似たような体質の掲示板もありますが紹介されたことは一度もありません。

 

 

アフリエイトで稼ぐための被リンクサービス

自分のブログを持っていて、今でも更新をしています。折角ブログを作って時間をかけて更新しているので、アフリエイトをして少しでも収入になればと考えています。ブログのページにグーグルを張って、そこからアクションをした時に幾らかの収入になりますが、集客率が悪いので、中々クリックをしてもらえません。

 

グーグルページと被リンクの関係はどういう事だろうと、少し調べてみると、SE対策として被リンクを使えば、グーグルを使ってもらえる回数が増えるかも知れない、と理解しましたが、良く分かりませんでした。

 

被リンクをしてくれるサービスがあるので、そちらにお願いをした方が良さそうな気がしました。ただ、料金はかかるので、小さなブログのアフリエイトになるぐらいの被リンクをお願いできるかが問題だとは思います。

 

アフリエイトで稼ごうと思っても、被リンクサービス代の方が高かったら、被リンクをする意味がなくなるとも思いました。お試し期間セールのようなものがあれば、是非使ってみたいと思っています。

被リンクを利用して検索上位に表示されよう

検索結果で上位に表示されるためには、何が必要かご存知でしょうか。それは被リンクです。上位に表示されるのは、このサイトは良質なサイトである、と判断されることが必要です。そして、その判断材料として利用されるのが、被リンクに当たるのです。そこで、検索上位に来るためにも、上手な増やし方について、

 

確かめておきましょう。

基本的には、まずはしっかりと自分のサイトを作っておきましょう。丁寧に作られているサイトは自然と注目されます。これは大前提とも言えることでしょう。そしてこの基本を抑えたあとには、様々な工夫が必要になってきます。例えばサテライトサイト。これは被リンクを増やしたいサイトに対してもう一つサイトを作ることで、リンクすることを指します。これによって下手に時間をかけるよりも効果が出るはずです。

 

 

他にも様々な方法が被リンクの増やし方にありますが、まずはサイト作りをきちんと始めるところから始めましょう。基本ができていれば、あとはすんなり増えていくはずです。

SEO対策において欠かせない被リンクの概要

自分のサイトをもっと多くの人に見てもらったり、サイトで収益を狙う場合には、

SEO対策をおこなうことが大切です。

SEO対策は自分のサイトの知名度アップや集客力アップにとって欠かせない作戦と言えるでしょう。

そんなSEO対策において、最も効果的であると言える行為は被リンクを強化させることです。

 

被リンクというワードは普段の生活においてあまり馴染みがないかもしれませんが、

自分のサイトが他のサイトからリンクを受けることを意味します。

検索エンジンがサイトを上位表示させる基準はいろいろとありますが、

被リンクの質や数の多さが大きなカギをになっています。

検索エンジンでライバルのサイトよりも自分のサイトを上に出してもらいたい場合には、

被リンクを増強させることが欠かせないのです。

 

 

被リンクは、数をやみくもに増やすよりも、

有名サイトや大手の人気サイトなどからリンクを得られると価値が高まります。

自分のサイトと似たようなジャンルで関連深いサイトを狙うと、質の良いリンクと判断されやすくなります。

リンクしかないサイトからの被リンク

自分の新規ドメインのサイト。

効率よく検索順位を上げたいと考えた場合、以前はリンク集に

登録することを推奨するサイトが多かったですし

それが「常識」とさえ思われていました。

 

 

ジャンルの同じページからリンクがされるわけですし、

サービスによってはページランクの高いページから

リンクされるものもありました。

 

 

ページランクが至上の時代でしたから、

アフィリエイトサイトのような、営利目的のサイトを

運営している方々はみなさんこぞって登録したわけです。

 

 

 

しかし、そんなリンクは意味があるでしょうか。

“意味があるでしょうか”という意味ですが、

たとえば、物を売りたいだけのようなサイト(中身の無いサイト)は、

検索者が求めている情報が掲載されているでしょうか。

 

 

グーグルは、そういった薄い内容のサイトは、検索エンジンから

問答無用で消し去ります。

検索者にとっては、非常に便利になったと感心します。

 

 

このようなアルゴリズムの変動を生き抜くためには、

攻略法、裏をかくSEO法などを模索するのではなく、

「検索者に親切なサイト」、「意味のある被リンク」を心掛けたほうが

近道なのではないでしょうか。

グーグルページランクと被リンクの関係

サイトを構築した後によく行うのがリンクフリーサイトからの被リンク集め。

この作業に力を入れるサイトオーナーも多いのではないでしょうか?

しかし、何も考えずにやみくもに被リンクを集めても労力の無駄になる事もあります。

 

 

グーグルページランクというものがあります。

SEO対策の上でもグーグルページランクと被リンクの関係は密接な関係になります。

 

 

ではグーグルページランクと被リンクの関係はどのようなものか?という話ですが、

グーグルページランクはグーグルがサイトを0〜10の11段階でランクづけをしているのですが、

このランクが低いサイトから被リンクを集めても被リンクを貼られた側にはさほど価値はありません。

 

 

むしろ数が少なくてもページランクの高いサイトから被リンクを受けた方が有効なくらいです。

 

 

グーグルツールバーというものがありますので、被リンクを集める際にはツールバーを

インストールすると各サイトのページランクがわかりますので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

被リンクの意味

「被リンクの意味は、検索エンジンの順位を決めるロボットに

いかに良いサイトと判断されるか」ということだけに

拘って、考えが凝り固まっている方が非常に多いです。

 

 

原点に帰って考えると、被リンクとはどういったものでしょうか。

 

 

それは、料理のレシピを掲載されているサイトが

「この料理器具は便利だった」と料理器具の関連サイトを紹介していたり、

プロ野球の試合情報を掲載しているサイトが試合のチケットを購入できる

サイトを掲載しているというような、

「関連性のあるサイトへのリンク」、「意味のあるリンク」ということではないでしょうか。

 

 

同ジャンルの情報に興味があるでしょうから、

検索者が喜んでリンクをクリックするでしょう。

 

 

こういった視点で見ると、冒頭に書いた

「被リンクの意味は、検索エンジンの順位を決めるロボットに

いかに良いサイトと判断されるか」ということだけを考えている人は

自作自演で被リンクだけを稼ごうとします。

 

 

昨今、検索エンジンの順位を決めるグーグルのアルゴリズムは、

「検索者が求めている答えをいち早く提示する」ように改良されていますから、

そのような子供だましな手法は通用しないのです。

 

 

原点に立ち返り、検索者の立場に立って被リンクの意味を考えることが、

上位表示への近道なのではないでしょうか。